忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
gekidan vintage
性別:
非公開
自己紹介:
神戸の劇団Vintageとは、
2009年結成された神戸の劇団です。
芸術監督は劇作家の
菱田シンヤ氏(読売文学賞受賞)です。

劇団員は、基本的に陽気な熟女たちで構成されております。
本公演時には毎回、本メンバーだけでなく、外部からプロフェッショナルな方々にお集まり頂いてます。

2009年6月に旗揚げに向けた試演会を実施。ワークショップ参加者5名が好き勝手な作品に挑戦しました。

2009年10月 旗揚げ公演
『わたしらゼッタイ!』

2010年4月 第2回公演
春祭り・お祭り興業2010
第1部 笑いと涙の人情時代劇『たことり旅姿』
第2部 お花見バラエティ『ヴィンテージだよ!全員集合!』

2010年9月
港島ふれあいセンターにて
『たことり旅姿』短縮版 再演

2010年10月 第3回公演
秋祭り奉納大興業
第1部 『新長田ポリスストーリー』
第2部 『秋の収穫祭だよ!全員集合!』

2011年4月 第4回公演
三年目ノ春・特別大感謝祭
『必殺!!SHIN☆NAGATA』

2011年11月 第5回本公演
『どうして、こんなに心がときめかないの』

2012年4月 第6回公演
『ラストダンスはどなたに』
2012年4月27日~4月29日

2012年12月1日 初のファン感謝イベント
お客さん来なけりゃ即解散!
『神戸市民劇団vintage★最後の?1dayイベントin”ZERO”』
※解散は免れました。

2013年4月 第7回公演
『たことり旅姿DX-2013』
2012年4月27日~4月29日

第7回公演を最後に解散。
最新記事
最新コメント
[05/16 金]
[05/10 NONAME]
[05/08 金成哲]
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
【神戸の劇団vintage】のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おつかれさまです。

今後に向けた劇団員皆さんの意見・意気込みなどを
書いて直に送ってくださいとお願いしましたメールの数々、
すべて拝見しております。

私、現在は12月の舞台と個人の仕事でイッパイイッパイ
でして、返信はまだどなたにもしておりません。
というか、あらためて返信はしないことにいたします。

しかし拝見したメールをもとにスタッフと検討し、
その上で決定した今後の展開、制作進行や来年春公演に
向けた活動方針などが、近く劇場スタッフから皆さんに
連絡がいくと思います。

私も、今月25日までには春公演、それ以降の公演
の企画を出すようにと劇場から指示を受けております。

劇団ヴィンテージでは来年春公演に向けて
新しいメンバーを随時募集しております。新しいメンバーと、
パワーアップした2010年・春公演を開催できますことを
期待しております。

というわけで。

次、お会いする日に、また。

PR
たまに覗くと、このブログ・・・。
えらいことになってますなぁ・・・。

不感症やの・・・。示談やの、って・・・。
げ、劇団のブログってこんな・・・・。
こっわいわぁ・・・。

もう、男性メンバーは増えんかなぁ。
こわいもん、ここ・・・。
とーぶん、男は私一人ですかねぇ。

ま、ええか。

いや。
しかし、とても、すんばらすい。
これでこそヴィンテージですよ。
生の声が満載、こういうの、ええわぁ。

こういう、おためごかしじゃない、
ダイレクトな言葉や声、
もっともっと読みたいです。
脚本家としてはネタの宝庫ですわぁ。
団員以外の方にも、ぜひ参加して欲しいですねぇ。

ええ、もう、もっともっと、イッちゃってください。
大人の女性ならではの、
奥ぶっかーい世界や感性を
バシバシ公開して欲しいと心から願う、
爽やかな芸術監督でした。

ねえ、kさん。
旗揚げ公演の打ち上げ終盤では
たいがい、ブッチャけてはったもんねえ・・・。
酒焼けのアッカい顔しながら・・・。
覚えてはります?

おもろかったわあ。

しかし、こっわいわぁ、ここ・・・。
神戸市民劇団ヴィンテージ旗揚げ公演
『わたしらゼッタイ!』に御来場いただきました皆様、
本当にありがとうございました。

お蔭様で全三回公演、すべて大満員、超満員、そして満員
という感じで無事に終えることが出来ました。
芝居にお客様が来られなくなったと言われる昨今、
本当に幸福な旗揚げ公演をさせていただき、
深く感謝いたしております。

ヴィンテージは、来年春を目処に第二回公演を
開催したいと思っております。まだ演目は未定ですが、
是非ともまた「ヴィンテージの芝居」に御来場いただき、
一緒に参加していただいて、ひたすらギャアギャア騒いで
スッキリするような、そんな世界をご用意できたらと
考えております。

出演者の皆さんも、上へ下への非日常から、
またそれぞれの日常に戻って行きました。

百歩譲って考えても
日常という場所には
辛くてきつくて
”不自由”なことの方が多いです。
だけど
そこが「当たり前のステージ」なのだから
仕方のないことだと思います。

ヴィンテージは、
役者のプロを目指したり、
アーティストとかになろうと思いつめてたり、
ひとつの”芸”に人生を捧げようなんていう、
ちょいと特殊な思いを持った人たちのために
作ったのではないもんですから

そんなに上手くなって欲しいとは思わないし
無理にしんどい努力なんかうっとおしいし
僕もクソえらそうに「名作」を生み出そうなんて
大それたことも考えていないし

ただ本気でワラって弾けて、
貴重で愉快な”非日常”で
ぶくぶく溺れてる人たちを
劇場の隅々で見れたらそれでもう十分だと
そういうユルいことを・・。

ほんの少し、「日常」を捨てない程度に舞台に出て、
だからこそ舞台の上も客席も一緒に
盆と正月がいっぺんに来たみたいな嬉しい騒ぎ方が
ひたすらできたらいいんでないの・・・

なんてえことを考えております。

ヴィンテージの
第一期ご婦人方メンバーには
稽古の間から失敬なことばっかり言って参りましたが
たかが4,5ヶ月ほどで、
こんなに後味いい共有感を抱けるのだから
ああ、芝居というのはやっぱり凄いもんだなあと
改めて気付かさせていただきました。
数々のご無礼、お許し下さい。
無礼は愛情の裏返し、つーことで、ひとつ。
本当にありがとう御座いました。

ヴィンテージでは第二回公演に向けて
メンバーもサポーターもタニマチも
ビシビシお待ちしておりますので
どうか、ひとつ。

今後も宜しくお願い致します。

菱田信也
去る7月18日に開催いたしました、
神戸市民劇団ヴィンテージ・ミーティングは無事終了。
ここで、来る10月23・24日の二日間、
『ヴィンテージ旗揚げ公演』をアートシアターdB神戸
にて開催することを決定いたしました。

公演回数は23日・1回、24日・1回の全二公演です。
公演時間・料金など詳細は後日発表いたします。

その前に、10月旗揚げ公演での
「内閣人事」を決定いたしましたので
ここに慎んで発表させていただきます。

現段階(7月22日)にヴィンテージ劇団員
であるメンバーに「10月公演旗揚げ」で演じていただく
各ポストは下記の通りに内定いたしました。

■皐月ゆき・・・内閣総理大臣
■金 善福・・・内閣官房長官
■己斐 緑・・・財務大臣
■白井究美・・・防衛大臣
■鈴木定子・・・文部科学&環境大臣(兼任)

【旗揚げ公演の、あらすじ(なんとな~く)】

政権与党として数十年、国家を治めた保守政党が
度重なるスキャンダルで国民からの信頼を失い、
総選挙において、ついに政権の座を革新新党に
明け渡した。

実は政権運営能力がなくて、
ちょっと困ってしまった新党党首は、
とりあえず国民の支持を強固なものとするため
ここに驚くべき組閣人事を発表!!

しかも党首の思いつきで就任した新総理は、
「新・日本列島改造論」と称して
「日本全域をバリアフリー化する!!」とぶち上げ、
日本の国から階段という階段がすべて撤去されることになる。

・・・案の定、新党から政権を奪取せんと陰謀を巡らす
抵抗勢力や、軍事力によって政権を転覆させようと
画策するグループによってついにクーデターが勃発!

果たして、内閣は、明日の朝ごはんまでに
この試練を乗り越えることが出来るのか?
・・・だってお母さん、お弁当、作らなあかんのよっ!!

この物語は、新内閣が発足していきなり直面する
「とんでもなく長くて面倒くさい、クーデターの一夜」を
笑いと、涙と、濃ゆいキャラ、
たまに好き放題歌ったり踊ったりでお送りする、
現段階では
「(キッパリ)どうなるかわかりません。」
としか言いようのない、
たぶん、もろもろ込みで
1時間30分から50分くらいのお芝居です。

しかもタイトル、まだ未定!!

         ★

・・・ちなみに、まだ
「外務」「法務」「厚生労働」「経済産業」
「農林水産」「総務」・・・といった
主要閣僚ポストが空いております。
いかがっすか。

ヴィンテージでは劇団員をまだまだ募集中です。
閣僚ポスト、早い者勝ち!!

お問い合わせはアートシアターdBまで。
ついに総選挙の日取りが決まりました。
解散は来週だそうで。
暑い中、選挙運動は大変でしょうね。

8月30日は歴史が変わる日になるのでしょうか。
大して変わんないような気もしますが、
選挙報道番組が楽しみです。

けど、8月29日は24時間テレビで、
愛で地球を救うために
募金したりマラソンしたり
加山さんと元アリスの人が歌を歌ったりで
なんせみんな忙しいのに、
テレビ局の人は本当に大変だと思います。

あ、でも29日の土曜日は
私が脚本書いた
午後7時30分から
NHK土曜時代劇「オトコマエ!2」
(第一回は脚本担当してませんが)、
午後9時からはNHK土曜ドラマ
「再生の町」がダブルで始まるから、
その時間だけはちょっとチャンネル、
NHKに合わせて下さい。よろしく。

あ、7月20日、解散の前の日にも
ドラマの予定がありますが
これはまたあらためて告知します。
関西圏で放送されるのか、まだ聞いてないので。

そんなことはまあ、さておきです。

10月に、ついに「旗揚げ公演」です。
既報通り、新作を書きます。
どんな話かってえと、なんと
「政治の話」をやる予定です。
まだ詳しく考えてないので詳しく
お伝えできませんが、
なんとなく考えているのは
まず最初にヴィンテージのメンバーで
「閣僚人事」を作ります。

内閣総理大臣とか~、官房長官とか~、
財務大臣とか~、あと防衛大臣とか~、
あといろいろ。
とにかく、「内閣」を作ります。
物語は、この「内閣」が直面する
重大問題、どえらい事件を描いた物語に
なるでしょう。

ヴィンテージで内閣だよ。
どうです、わけわからんのとちゃいまっか?!
実は私も、ほとんどまだわかっていません・・・。

しかし、どうですか。タイムリーでしょう。
果たして10月の旗揚げの時、
日本の政権与党はどこになってるんでしょうか!?

8月30日総選挙の結果によっては
書いた台本、書きなおすことになるかも・・・。
稽古しながら、バシバシと内容、
変わっちゃう可能性あります。
まさに、「政治の世界、一寸先は闇」。

で、公演に向けたミーティングが
7月18日に予定されておりますが。

ここで課題です!
ミーティング参加者の皆さんは、
宿題として

「私が総理になったら」というテーマで
あなたが考える”マニュフェスト”を
提出してください。
「私がオバサンになっても」という
森高千里さんの歌がありましたが
ヴィンテージの皆さんはもう十分
「なって」らっしゃるので
間違うことはないと思います。
いいですか、「私が総理になったら」ですよ。

枚数、字数に制限なしです。
とにかく、あなた方が権力を握ったら
まずなにをするか。国家国民のために
どんな公約を掲げるか。
それを書いてきてください。

現在、ヴィンテージに参加している方も
18日のミーティングに初めて参加する予定の方も
皆さん、忘れずお持ち下さい。

私はこれを読ませていただき、参考にしつつ
組閣という名のキャスティングを開始し、
物語を組み立てて参ります。

あんまり堅いこと考えず
とにかく皆さんの個性を生かしたマニュフェストを
期待しております。
お世話になります。
アートシアターdB付属市民劇団
芸術監督・・ってたいそうな肩書きで
やらせていただいています、菱田です。

6月21日、「試演会」には多数のお客様に
ご来場いただきました。
本当にありがとうございました。
まだまだ模索しながら、手探りではありますが
今後もご支援のほど宜しくお願い致します。

ヴィンテージはすでに、10月24日(土)に
「プレ旗揚げ公演」を予定しております。
現在、メンバーは5人。これから増えていくのか
減っていくのかわかりませんが・・・
とりあえず、年内に一発、やっとけ、ということです。

しかし、これからメンバーが増え、もしも
「23日の金曜日もやっちゃえば?」ってなことになりましたら
ドーンと複数回公演も視野に入れております。

プレ旗揚げでは、試演会同様、サイドに
若手俳優のサポートを得ようと思っていますが、
来年春あたりには「劇団員単独の正式旗揚げ公演」が
実現できるよう、さらなる勢力拡大を図って参ります。

ヴィンテージ躍進計画のよきアイデアも
ビシビシお寄せくださいませ。

なにはともあれ、ヴィンテージを生かすも殺すも
皆様方のご支援次第。
なにとぞ、御贔屓下さいますよう宜しくお願い致します。

さて10月24日(予定)「プレ旗揚げ公演」の
内容ですが・・・。

怖ろしいことに

とりあえず、新作を書き下ろす予定です。
ストーリー、その他は近日公開予定(今は全部が”予定”!!)。
キャスティングもすべてまだ未定!

劇団員、ガンガンお待ちしております。
スポンサーもおいでませ新長田。

今後もなにとぞ宜しくお願い致します。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
gekidan vintage
性別:
非公開
自己紹介:
神戸の劇団Vintageとは、
2009年結成された神戸の劇団です。
芸術監督は劇作家の
菱田シンヤ氏(読売文学賞受賞)です。

劇団員は、基本的に陽気な熟女たちで構成されております。
本公演時には毎回、本メンバーだけでなく、外部からプロフェッショナルな方々にお集まり頂いてます。

2009年6月に旗揚げに向けた試演会を実施。ワークショップ参加者5名が好き勝手な作品に挑戦しました。

2009年10月 旗揚げ公演
『わたしらゼッタイ!』

2010年4月 第2回公演
春祭り・お祭り興業2010
第1部 笑いと涙の人情時代劇『たことり旅姿』
第2部 お花見バラエティ『ヴィンテージだよ!全員集合!』

2010年9月
港島ふれあいセンターにて
『たことり旅姿』短縮版 再演

2010年10月 第3回公演
秋祭り奉納大興業
第1部 『新長田ポリスストーリー』
第2部 『秋の収穫祭だよ!全員集合!』

2011年4月 第4回公演
三年目ノ春・特別大感謝祭
『必殺!!SHIN☆NAGATA』

2011年11月 第5回本公演
『どうして、こんなに心がときめかないの』

2012年4月 第6回公演
『ラストダンスはどなたに』
2012年4月27日~4月29日

2012年12月1日 初のファン感謝イベント
お客さん来なけりゃ即解散!
『神戸市民劇団vintage★最後の?1dayイベントin”ZERO”』
※解散は免れました。

2013年4月 第7回公演
『たことり旅姿DX-2013』
2012年4月27日~4月29日

第7回公演を最後に解散。
最新記事
最新コメント
[05/16 金]
[05/10 NONAME]
[05/08 金成哲]
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
忍者ブログ × [PR]