忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
gekidan vintage
性別:
非公開
自己紹介:
神戸の劇団Vintageとは、
2009年結成された神戸の劇団です。
芸術監督は劇作家の
菱田シンヤ氏(読売文学賞受賞)です。

劇団員は、基本的に陽気な熟女たちで構成されております。
本公演時には毎回、本メンバーだけでなく、外部からプロフェッショナルな方々にお集まり頂いてます。

2009年6月に旗揚げに向けた試演会を実施。ワークショップ参加者5名が好き勝手な作品に挑戦しました。

2009年10月 旗揚げ公演
『わたしらゼッタイ!』

2010年4月 第2回公演
春祭り・お祭り興業2010
第1部 笑いと涙の人情時代劇『たことり旅姿』
第2部 お花見バラエティ『ヴィンテージだよ!全員集合!』

2010年9月
港島ふれあいセンターにて
『たことり旅姿』短縮版 再演

2010年10月 第3回公演
秋祭り奉納大興業
第1部 『新長田ポリスストーリー』
第2部 『秋の収穫祭だよ!全員集合!』

2011年4月 第4回公演
三年目ノ春・特別大感謝祭
『必殺!!SHIN☆NAGATA』

2011年11月 第5回本公演
『どうして、こんなに心がときめかないの』

2012年4月 第6回公演
『ラストダンスはどなたに』
2012年4月27日~4月29日

2012年12月1日 初のファン感謝イベント
お客さん来なけりゃ即解散!
『神戸市民劇団vintage★最後の?1dayイベントin”ZERO”』
※解散は免れました。

2013年4月 第7回公演
『たことり旅姿DX-2013』
2012年4月27日~4月29日

第7回公演を最後に解散。
最新記事
最新コメント
[05/16 金]
[05/10 NONAME]
[05/08 金成哲]
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
【神戸の劇団vintage】のブログです。
1 2 3 4 5 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

部長が綴る神戸市民劇団Vintageブログ最終回です。

2009年から活動しておりました
【神戸市民劇団Vintage】は、御存知の通り
先月の第7回本公演を最後に、解散致しました。
※現在は神戸市民劇団では無く、神戸の劇団Vintageとして活動してます。(*^_^*)うふ。

昨日は劇場に呼び出され、
解散会?卒業式?なんだろう?

劇場のプロデューサーと記念写真。



事務的なサポート全般を担ってくださった文さんと記念写真。



この2枚目の写真で説明しますと

右から
伊藤さん
(文さん)
Yakkoさん
真ん中のでかいのがワタクシ
皐月さん
吹谷さん

始まった時も5人。
最後も5人。
・・・・そう思うと、偶然ですが気味悪いですね。

始まった時から昨日までずーっと生き延びたのは
ワタクシと皐月さんの2人。
最初の5人だけはお金払って劇団に入ったので、とことん厚かましいんでしょうね。

旗揚げ公演からはYakkoさん。当時メンバー8人。

第四回公演からは吹谷さん。当時メンバー9人。

第七回公演から伊藤さん。5人。

仲良しでは無いです。
ランチの一回したことないです。
お芝居以外でお話ししたことないです。
フルネーム、知らないです。
年齢も知りません。
電話番号知りません。
年賀状のおつきあい無いです。
・・・・
ふふふ・・・こんなんで今まで、よく続いてたもんだ。
こんなんだから、続いたのかな。

最初は、カンパ制の発表会から始まって
最後は、前売り3000円のチケットでした。
スゴイ進歩しました。

台本係兼部長のわたくしが
もっと自分を抑えることのできる人間だったら
もしかしたら、神戸市民劇団ヴィンテージは
解散しなかったかも・・・と時々思います。
ま、考えすぎでしょうけど。

ですが、ワタクシは【外道】なので。
ごめんなさい。

神戸市民劇団Vintageを応援下さった皆々様、
本当にありがとうございます。

神戸市民劇団Vintageを生んでくださった
ダンスボックス様、ありがとうございます。






PR
夜中、目が覚めます。何故だか・・・
で、目覚まし時計をかねてる携帯を枕元に置いて寝ているので
facebookやメールが来ていたら、チカチカ光ってるので
開いて見ちゃいます。

昨夜も1時半ごろに目が覚めたのですが・・・
チカチカ光ってたのでfacebookを開いてみたら、
あら、ビックリ。

ま~ったく知らない人に【外道】と言われてるじゃありませんか。

・・・・・・・・・・・・・・
御存知の通り、ワタクシ、メンタルの弱さは天下一品。
facebookを閉じた後も、ショックでショックでショックで・・・
眠れません。
胃が痛くなり、泣きそうになります。

ワタクシが一体何をしたからって知らない人に【外道】と呼ばれたのか・・・
今までの40年の人生を振り返り何から何まで懺悔してみましたが。。。
外道まで言われるような記憶は思い起こせません・・・
秀子や正男にワタクシが他人から【外道】と言われてるなんて知られたら
この上ない親不孝者です。
それを考えると悲しくて悲しくてまたまた眠れません。

・・・・で、結局無理して寝たのですが・・・(/_;)

朝、起きた後も引きずってます。
何でも『寝たら治る。』はずなのに・・・
胸がチクチク痛んだまんま・・・

で、調べました。

【外道】とは・・・
[1]
〔専門〕 仏 仏教以外の思想・宗教。また、その信者。特に、釈迦の同時代に存在した教説をさす。六師外道や九十五種外道など。
[2]
真理に反した説。また、それを説く人。邪道。
[3]
人に災厄をもたらすもの。悪魔。また、邪悪の相を表した仮面など。
[4]
人をののしる言葉。
[5]
釣りで、目的とする種類の魚以外に釣れた魚。

あああ・・・・・・・・・・・・・(-_-;)
やはり・・・悪口やん。強烈な悪口やん・・・・
もう・・・・ヤダ~
凹みまくりです。
これはメガトン級の凹み具合です。
知り合いに言われたらまだしも知らない人に・・・

ですが・・・・・
常日頃・・・・
人付き合いは鏡と同じと思ってるワタクシ。

もしかしたら、ワタクシも誰か他人に【外道】と言ってるのかしら・・・・
言ってたとしたら、それは最低な事ですよ・・・・

・・・・いや、さすがに無い。
きつい性格ですが、それは言わない。

はぁぁぁぁ・・・・・・
これは一生もんの傷を負ったか・・・
いやいや、メンタル鍛えて乗り越えようか・・・・
いやいやいや・・・今も胃が痛くて死にそう。

メンタル強壮剤、どこかに売ってないかしら。(-_-;)


はっきり言いますが、約束は破りがちです。
だから、約束はしません。

仲良しとも、事前に約束して会うとか言うのはしてません。
暇ができたら電話して、向こうも暇なら会うって感じです。
・・・彼氏もそうです。・・・いませんが、たぶんそうです。

先日、次の公演の劇場を見に行ってた日は
大学の頃からの後輩が
「神戸で親戚の結婚式があるから
終わった後、ついでに会って飲みましょう。」
と、2月か3月あたりから約束してました。

はい、前日に劇場見学の予定が入りました。
ワタクシは、何よりもVintage優先なので、
仕方ないです。
でも、ガッカリさせた責任は取らないと!!
だって、後輩だから。
同級生には気は使いませんが、後輩は・・・どうも・・・

我が民族は、女の子は女の先輩を【オンニ】と呼びます。
※男の子は女の先輩を【ヌナ】と呼びます。
※両方、お姉さんって意味かな。

だから、私は【ソンボッオンニ】です。※男の子からは【ソンボッヌナ】
小学生の時からのあだ名が【ボッソン】なので【ボッソンオンニ(ヌナ)】でもあります。
どっちも、私です。不思議ですね。
家ではポーちゃんと呼ばれてます。もう、何が何だか・・・

で、昨日、伊丹に行ったので、ついでにドタキャンのお詫びに行ってきました。
その後輩は大阪の玉造で居酒屋をやってます。
伊丹がとても遠かったので、玉造には近いだろうと、都合のいい勘違いで
スイスイ車を走らせます。プップ~

・・・・・・遠いやん。
やっとの思いで、到着し、ちょっぴり気まずい感じでお店に入ると
後輩からの第一声。
「オンニ、何しにきたん?」

ほんと、後輩って何なんでしょう!!!!(;一_一)
そのあともズバズバと
「あ、もしかして、前のお詫び?」・・・ギクッ・・
「どうせ、何かのついででしょう?」・・ビクッ・・

「どうでも良いけど、何なん?その恰好は。どっかで運動してきたん?」



こうゆう後輩ばっかりですが・・・
ワタクシは先輩に対してこうゆう後輩にはならないでおこうと
会うたびに誓うのです。。。。

ちなみに、セーターかTシャツしか普段着が無いので
この時期、着る服がジャージしか無いです。・・・・(;一_一)



金色のおっちゃんが、お芝居に出るという事で
いつもお世話になりまくってるだけじゃいけないと言う、
強迫観念にかられ、
いや、もとい・・・
感謝の気持ち&金色のおっちゃんのお芝居への好奇心で
【伊丹AI・HALL】へ行ってみることにしました~。

仕事を終え。。。
いざカーナビに『伊丹あい』まで入力すると~
『伊丹アイフォニックホール』だか何だかが出てきましたよ~
へ~・・・AIって、そんなたいそな読み方するんやね~
・・・と、疑う事を知らない40歳・キンソンボッ。
スイスイ車を走らせますよ~プップ~

・・・・遠いやん・・・
え??マジで?
学生の頃、同じ学校に伊丹から来てる子たくさん居たよ~
3年間、こんな遠いところ本当によく頑張ったね~(>_<)
ビックリです。

・・・おや?
左手に見えるのは・・・
まさか、ヴィンテージ2年目くらいに。。。
オーディションに申込み、
申請書類にあった健康診断書を提出しなかったら
独りだけ呼び出され注意されて、渋々会場に戻ると
「あなたが合格したんじゃないの?」とライバルたちに詰め寄られ・・・
真相は明かせず・・・
結局、見事落ちたあの出来レース。
呼び出されたときに・・・
「健康だからオーディションに申し込んだのです。病気だったらそんな気力もないです。」
それでも困ると言われたので、
「だったら、合格したら提出します。」と云っといてよかった~
そう、・・・・健康診断料をケチったワタクシ。

そうです!!左手に見えるのは【ピッコロシアター】じゃありませんか!!
なぜか・・・前を走るとき・・・胸が痛みました。
健康診断書、出さなくてごめんよピッコロ。

ハートブレイクなまま走るも・・・まだ着かない。
遠いね~伊丹。

あら?
AI・HALL右って看板出てるけど、
ナビは300メートル先を左って言ってる。
やはり、アイフォニックホールとAI・HALLは別物だったのね~

無事、到着。
手ぶらもなんだから、ワインを差し入れます。
・・・のしに何て書けば良いのかしら?
わからないから、
【祝 竹ち代】 
劇団Vintage 金善福

と書いてみました。
店員さんも笑ってたから良かったですね。

一回、劇場に入ったけど、20分くらいあったので、外に出た。
気が付きゃ1分前だったから、急いで入ると、さっきの席が空いてない。
それどころか、ほぼ満席。
一番奥に通されちゃいました~(>_<)

開演・・・
何でしょうか?
観劇は得意じゃないので、どんなお芝居を見に行っても、
始まった瞬間は落ち着きません。
次々と登場人物が出てきます!!
あ~・・・なぜか恥ずかしい。落ち着かない。
金色のオッチャン!!
普通のオッチャンで出てきました!!
第一声!!かんだ!!声もかすれてる!!
あ~・・・・瞬時に落ち着きました~!!

そのあとは、大勢の役者さん・ダンサーさんが、舞台?を駆け回ります。
飛びはねます。転がります。踊ります。
もう、ラストは狂喜乱舞です。

2時間。きっとVintageだったら3人は死んでます。

※詳しい公演情報は↓↓↓\(^o^)/

「新世界ゴールデンファイナンス」竹ち代毬也さんご出演舞台です!

子供鉅人×黒田育世最新作「モータプール」

http://www.kodomokyojin.com/motor_pool/

「モータプール」
ある男が生まれ
た家に帰ってみると、そこはモータープールになっていた・・・。
駐車場の白線が織りなす幾何学模様が男の過去や妄想を枠取り、幻視的世界が現出する最新作。

作・演出 益山寛司

振付 黒田育世

出演
益山寛司、キキ花香、影山徹、億なつき、ミネユキ、小中太、益山貴司(以上、子供鉅人)
寺西理恵、竹ち代毬也、竹田靖、花本ゆか、ミスター、益山U☆G、ぎぃ子、佐々木美奈、田坂理絵、高瀬弥生、竹内宏樹、谷啓吾、八木光太郎、山田春江、山中志歩

黒田育世

音楽 松本じろ

関西公演 (関西公演のチケットのご予約はお早めに!!)
5月24日~26日

会場:伊丹AI・HALL http://www.aihall.com/
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4-1
Tel. 072-782-2000

料金
一般/前売・予約=3,000円 当日=3,500円
学生/前売・予約=2,000円 
高校生以下/前売・予約=1,000円
※学生・高校生以下要予約・要学生証提示。全席自由



もし、今日が大晦日だったら、素敵に今年を締めくくれるだろう。
もし、今日が人生最後の日だったら、自分の人生は最高に素晴らしいものだったと思えるだろう。

・・・・
Vintageは、公演時にたくさんの方々から協賛して頂くのですが、
その御礼参りに本日お伺いしたのは、
神戸市中央区にございます、イタリア料理 セッテマーレさん。



ずーっとVintageを支えて下さってたセッテマーレさん。
この5月18日で神戸を卒業し、
9月に京都市東山区八坂鳥居前入清井町にて、新店舗オープンです!!
ワタクシ、京都まで追いかけます。

セッテマーレさんがご挨拶最後のお店でした。
朝から気合い入れて出かけました。

1,050円のランチを食べるつもりが、1,890円のほうを頼んでしまい・・・
スープ・前菜の時点ですでにお腹が膨れてきました~。

さて、メイン・デザート・食後のコーヒーまで結局ペロリと食べ終わり、
バジルが歯に詰まっていないかトイレにてチェック&うがいも済ませ、
お支払いも済み・・・
(京都へ行かれても、頑張って下さい。)と気持ちを込めて・・・
「ごちそうさまでした。ありがとうございます。」とお店の出入り口にさしかかった頃・・・

店長さんが。。。
「せ~の!!」と他のお客さんたちに声をかけました。

次の瞬間・・・

「よっ!!金次郎!!!!」

・・・・・うそ・・・(@_@;)
ワタクシ、今思い出しながらこれ書いてますが泣きそうです。

お店中のお客さんがワタクシを見て「金次郎!」と声をかけ、大きく拍手して下さってます。(+o+)

「ありがとうございます!!m(__)mありがとうございます!!m(__)mありがとうございます!!m(__)m・・・・・・」

劇場でも、この声を聴いたときは全身鳥肌でしたが・・・
その感動に負けない感動を本日、まさかイタリア料理のお店で味わえるなんて。。。

もう、このまま死んでも良いです。

ですが、この声援にご恩返ししなくては死ねませんね。

座長・金善福。
どれだけ頑張れば、御恩返しできるのでしょうか。。。





さっそく会員証も作りました。
裏には、受付のお姉さんが雑な書き方でワタクシの名前を書いてくれてます。
いきなり、受付でその雑さにキレそうでしたが、そこは我慢しました。



5時間12分、居たんですね。
もうちょっと早く家を出ればよかった。
来週は8時間居ます。
8時間までは駐車場が無料ですから。

さてさて、本日ワタクシが一番感動しましたのは。。。
もちろんお風呂も最高な感じでしたが、

【サウナマスターの吉田さん】です。

サウナマスターってのは、ロウリュウ隊の事です。
サウナの熱せられた石にアロマ水をかけて、
蒸気を起こし、その蒸気をサウナの中に充満させ
一気に体感温度を上げてくれるサウナマスター。
体感温度を上げたあと、ひとりづつ大きな団扇で扇いでくれます。

普通のサウナでも、岩盤浴のところでもロウリュウサービスの時間がありましたよ~

最初、普通のサウナでロウリュウに入りました。

そこで初めて【吉田さん】に会いました。
まず、滑舌が良い!!
もう、声も通るし、素晴らしい!!
ワタクシは内心・・・
(吉田さんは何でこんな銭湯で働いてるのか?
その声があれば、ディズニーランドで働けるぞ!!
いや、その前にVintageにスカウトすべきか?
いや、それは無理か・・元気すぎる・・・)
ずーっとこんな事を考えてました。

それから、岩盤浴コーナーへと移動したワタクシ。
岩盤浴コーナーでもロウリュウが始まりました。
まさかの再会!!
ここの担当も【吉田さん】でした。
しかも、ここの岩盤浴のロウリュウサービスは
本当にアトラクションでした!!
部屋のシャッターを閉められ・・・
映像が流れ・・・照明も落とされます。。。
そこに響く【吉田さん】のいい声~

いや~・・・二時間に一度の岩盤ロウリュウ・・・
二時間後、また【吉田さん】に会ったけど・・・

ワタクシ、本日は、本当にいい勉強を致しました。
人ごみの中で感じる孤独感が一番自分をリラックスさせてくれ、
リフレッシュできる時間なのですが・・・

もちろん、その大切な時間は過ごせましたが・・・

【吉田さん】。
なんで、船で探検するアトラクションとかに居ないで風呂屋に居るのかな・・・

いや、そんな事より・・・
私もぼやぼやしてられない。

ぼや~っとしたくて行ってきた銭湯で
【吉田さん】に出会い、ショックを受けた。
これは神が与えた次の試練としか思えません。
私、滑舌とか発声とか頑張る。これは。。。無理かな。
【吉田さん】の度胸も見習ってみる。
お客さんとのコミュニケーション、見習う。
もう、目指すは【吉田さん】だ!!!



バスケは結構長い事続けました。
中学1年生から35歳くらいまで。20年ほどしてたかな。
今でもたま~にしてますよ。

それ以外で、長く続いている事。
そう、ワタクシの生きがい!!
それは【サウナ】です。
30年以上のキャリアです。
小学生の頃から汗を出してます!!

365日、ほぼ毎日入ってます。
公演中も入ってます。
家から車で5分のところにスーパー銭湯が2軒あります。
お客さん・店員さん、ほとんど知り合いです。

だ~か~ら~
独りになりたい時は・・・
知らない人しかいないサウナに行きます。
今までは
加古川の【あかねの湯】だったり・・・
尼崎の【あま湯】だったり・・・
鶴橋【延羽の湯】だったり・・・

ですが・・・
あかねの湯は岩盤コーナーが大きくなり過ぎ?で、ちょっと・・・
あま湯は1年間の休業中で、ちょっと・・・・
延羽の湯は時々遠く感じるの。

途方に暮れていたワタクシに朗報が!
尼崎センタープール前に新しいスーパー銭湯OPEN!!
その名も【みずきの湯】
ハッキリ言って・・・
銭湯のつくりを見たら、どこ系列とか、デザイン誰とかわかるほどです。
だから、看板をみたときは。。。(ああ~あ・・(゜-゜))と思いました。

ところがどっこいぎっちょんちょん!!
まず!!当たり前ですが!!!!キレイ!!新しい!!
シャンプーもコンディショナーもノンシリコンですよ!!
※メイク落としや化粧水・乳液は無いです。

いや~参った・・・ノンシリコン置くとはね。やるよね。

人口炭酸泉ですが・・・ものすごい勢いで体中、炭酸まみれ!!
いや~・・・残念ながら神戸にはこの勢いの炭酸泉は無いのだ。。。

ジェットバスも良い感じ。
電気風呂もたくさんあって最高!!
露天風呂も広~い!!
サウナ・・・熱い・・熱い・・・でも空いてる~最高~!!
しかも、サウナ用マット置いてます!!お尻痛くないですよ~
サウナは塩サウナもあって・・・
どっちのサウナも【ロウリュウ】サービスが充実しまくり!!
シャワーは・・優しいのです。
けっこう、勢いのあるシャワーが好きですが。。優しいシャワーです。
かといって、頼りないシャワーでイライラするタイプでは無く・・・・
とにかく優しいシャワーです。
冷水機は、普通です。
キンキンに冷たい事もなく、温くて気分悪くなることも無いです。

長くなったので・・・
続く~・・・
【みずきの湯 ロウリュウ&岩盤】にて。へ・・・

さぁ~

だいたいな感じで色んな事が片付きました。
あとは、日曜日に一つ挨拶回りが残ってるだけです。

公演中は、忙しすぎて、結局ぽか~んと過ぎちゃいましたが・・・

良い事もありました。

①お芝居ができました。
②きれいなメイクでキラキラ輝きました。
③なんと、【リハビリ】のTシャツをもらえました。
※【リハビリ】知らない人(おっくれてる~!!)は、【リハ風呂】で、ポチッと!!



リハビリTシャツ。サイズが合ってれば良いのに・・・
色も、ピンクだったら良いのに・・・
嘘です!!これで十分ありがたくてバチが当たりそうです!!
村上さん、ワタクシにくれてありがとうございます!!m(__)m
もう、ウキウキです。
ユカイちゃんと二人でいったい何のポーズで舞い上がってるのでしょうか?
今となっては謎ですね。

・・・そういえば・・・公演中・・・自分ので撮った写真は1枚も無いです・・・
何をやってたんだか・・・(;一_一)

おっぱいがポロリだのどうだの言ってる合間に
劇団のfacebookページには、とても大事な発表がなされてました。

部長として、ここはキチンと乗っからないと。。。

2009年・春、ワタクシは、まだスマホじゃない二つ折りのケータイで
【神戸・演劇】と入力し、検索しました。
何故にそのワードで検索したのか・・
そう、きっと、それは【神が降りた瞬間・金善福】。。。
※うふふ・・昨日、テレビ見過ぎたな。

すると、出てきたのが下記↓↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
dance box:
!!参加募集!!
40代以上の男性・女性で
劇作家・菱田信也氏(読売文学賞受賞)が芸術監督の
神戸市民劇団「vintage-ヴィンテージ-」へ

4月29日(祝)に神戸/新長田「アスタくにづか4番館」に新しくオープンした劇場【ArtTheater dB 神戸】では、芸術監督に劇作家・演出家の菱田信也氏を迎え、市民に開かれた神戸市民劇団「vintage -ヴィンテージ-」を創設いたします。
この劇団では、40歳以上の方を対象に新しい演劇の可能性を探り、舞台で表現することのおもしろさを体験していきます。

また、演技だけに限らず、照明や音響、舞台美術など総合的に芝居づくりを目指します。
結成に先立ち、全7回のワークショップを6月から開催いたします。その後、本格的な市民劇団を立ち上げ、年に2本程度の作品を【ArtTheater dB 神戸】において公演する予定です。

■対象:演劇を通じて様々な人に出会い、共同作業をしながら舞台で自分を表現したい人。神戸市在住または、市内勤務の方で、40歳以上の人(経験・性別不問)
■募集定員:20名 (応募多数の場合は、書類選考となります。)

■ワークショップ内容:演技法、発声法、ダンス
■ワークショップ会場:studio dB神戸(アスタくにづか4番館2階)
■ワークショップ・スケジュール:
●オリエンテーション:6月1日(月)19:00~
●ワークショップ:6月3日(水)、4日(木)、6月8日(月)、10日(水)、6月15日(月)、6月17日(水)、20日(土)/すべて19:00~
●試演会:6月21日(日)
■ワークショップ参加費:12,000円(全7回+試演会)

■申込方法:お名前、ご連絡先の他、志望の動機、興味のある演劇の分野、自己紹介をご記入の上、下記連絡先まで(郵送かFAXかメールで)お申し込みください。
■受付期間:平成21年5月1日~5月31日

★芸術監督/菱田信也(ひしだ しんや)プロフィール
劇作家・脚本家・演出家。神戸市在住。
第1回近松門左衛門賞優秀賞、第57回読売文学賞戯曲シナリオ部門を受賞。
NHK土曜時代劇、NHK土曜ドラマ脚本も手がける。

予約・問い合わせ:
NPO法人DANCE BOX 
神戸市長田区久保町6-1 アスタくにづか4番館4階
TEL 078-646-7044 / FAX 078-646-7045
info@db-dancebox.org 
http://www.db-dancebox.org/
http://dancebox.blog.shinobi.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

運命だったと思います。・・・36歳だったけど・・・
私、呼ばれた気がしたの・・・36歳だったけど・・・

はい、最初から入団資格が無かったにも関わらず運命感じたワタクシの図々しさ。
即効、【お名前、ご連絡先の他、志望の動機、興味のある演劇の分野、自己紹介】を書き込んでFAXしました。
でもね・・・ほら・・・生年月日は最初から、きかれてないのです。
だから、嘘ついても居ないのですよ。

嘘で言うなら・・・ワークショップの内容・・
演技法、発声法、ダンス
習った記憶無しです。
初めて会った日に菱田芸術監督は
「いまさら、発声法習ったところで、あなたたち、仕方ないでしょう?」
と、サラッとおっしゃってました。
ダンスって・・・(+o+)話にも出なかった。

あれから・・・丸4年が経ち・・・
五年目に突入する、我が劇団Vintage。

4年間、お世話になったArtTheater dB 神戸から巣立つことになりました。

劇団名も【神戸市民劇団Vintage】から【神戸の劇団Vintage】へ。

ますます、神戸の皆様に愛して頂きたい。
【神戸にはVintageがある。】と言われるまでになりたいです。
いや、なります。

【そばめし・ぼっかけ・Vintage】

で、結局・・・何が変わるのか?
・・・・・・
・・・・
??(@_@;)

さっぱり・・わやや。。


年取りたくない・・と悩んでます。

年は取らないと決めてますが・・・
永遠の28歳です。
でも体がついてこないです。

ここ最近・・特に・・【皮膚】が・・・

ワタクシは、Vintageの公演、
過去7回のうち、4回は『サラシ』を巻いて挑みました。
男役でしたから。。。
どうしても豊満な胸が邪魔だったので^m^

ですが・・・
7回目の公演時・・
もちろん、今までより多少動きもハードでしたが・・・
とにかく、ずれるのです・・・
早替えも3回ほど有ったのですが・・・
もう、最後、胸ポロリでした。
酷い時は、最初からずれてました。
楽屋で
「ポロリありかな?」
「いや、無しの方向でお願いします。」
という会話もしばしば・・・

そこで、二日目(28日)の公演から、考えました。
(サラシの前に白いテーピングを巻こう!!
だったら、サラシがずれてもポロリは免れる!!)
・・・・

今回、すっごく思ったこと・・
【冷静な判断は冷静な時にしか下せない!!】

いまだに、テーピングでかぶれた痕が消えません。。
危ないプレイを強要され、きつく縛られた痕のようです・・・

メイクのスタッフさんの中には、
着替えまでフォローして下さる本当にありがたい方々もいらっしゃり・・
※本当にありがとうございます!!m(__)m
どうにか、全公演ポロリは無しでしたが・・・

前までは・・・ずれなかったのに。
ハリがあったのかな。。
なんでだろう・・・(/_;)

夜中、寝ていても、手の甲とか手のひら・・指が痒くて辛いです・・・





カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
gekidan vintage
性別:
非公開
自己紹介:
神戸の劇団Vintageとは、
2009年結成された神戸の劇団です。
芸術監督は劇作家の
菱田シンヤ氏(読売文学賞受賞)です。

劇団員は、基本的に陽気な熟女たちで構成されております。
本公演時には毎回、本メンバーだけでなく、外部からプロフェッショナルな方々にお集まり頂いてます。

2009年6月に旗揚げに向けた試演会を実施。ワークショップ参加者5名が好き勝手な作品に挑戦しました。

2009年10月 旗揚げ公演
『わたしらゼッタイ!』

2010年4月 第2回公演
春祭り・お祭り興業2010
第1部 笑いと涙の人情時代劇『たことり旅姿』
第2部 お花見バラエティ『ヴィンテージだよ!全員集合!』

2010年9月
港島ふれあいセンターにて
『たことり旅姿』短縮版 再演

2010年10月 第3回公演
秋祭り奉納大興業
第1部 『新長田ポリスストーリー』
第2部 『秋の収穫祭だよ!全員集合!』

2011年4月 第4回公演
三年目ノ春・特別大感謝祭
『必殺!!SHIN☆NAGATA』

2011年11月 第5回本公演
『どうして、こんなに心がときめかないの』

2012年4月 第6回公演
『ラストダンスはどなたに』
2012年4月27日~4月29日

2012年12月1日 初のファン感謝イベント
お客さん来なけりゃ即解散!
『神戸市民劇団vintage★最後の?1dayイベントin”ZERO”』
※解散は免れました。

2013年4月 第7回公演
『たことり旅姿DX-2013』
2012年4月27日~4月29日

第7回公演を最後に解散。
最新記事
最新コメント
[05/16 金]
[05/10 NONAME]
[05/08 金成哲]
ブログ内検索
バーコード
最新トラックバック
忍者ブログ × [PR]